【漫画】「ワールドトリガー」概説

タイトルフォントからわかるが、完全に「新世紀エヴァンゲリオン」にインスパイアされた作品である。

人身事故か何かで、電車が動かなくなってしまい、何気に5巻までを手に取ってしまったが最後、絵がちゃっちい割に、かなり面白かった。アニメ化もされ、妻も息子もハマっためずらしい作品である。

 

 

 

世界観

ある日、異世界の住人「ネイバー(neighbor)」から、侵攻を受けた三門市の住人は多大な被害を受けてしまう。

 

ネイバー達は「トリオン」という、エネルギーを利用した怪物や、そのトリオンをエネルギー源とした「トリガー」という特殊な技術を使っていた。

 

多大な被害を受けた三門市であったが、とある一団がネイバーを撃退。その一団はネイバーと同じトリガーの技術を持った防衛機関(ボーダー)の人間であった。三門市にはその後もたびたび、ネイバーによる侵攻があったが、三門市の住人を選抜し、人材育成と訓練が行われたボーダーの隊員により、三門市の住人は支障なく暮らしている。

 

ワールドトリガーの面白さ

人間模様もありますが、

 

何と言っても、良く考えられた戦闘シーンでしょう。一件、エヴァンゲリオンのパクリと思わせつつ、そうとは感じさせない武器の種類の豊富さ。

・日本刀のようなトリガー「孤月」

・ナイフのように身軽なトリガー「スコーピオン」

・盾にも剣にもなるバランス型「レイガスト」

・トリオン単体で自由に攻撃できる「アステロイド」、「メテオラ」、「ハウンド」、「ギムレット」、「トマホーク」

・スナイパー用トリガー「イーグレット」、「ライトニング」、「アイビス

・その他にもオプションとなる「バックワーム」、「カメレオン」、「シールド」など。

 

 

 

ボーダーの隊員はフォーマンセルだったり、ファイブマンセルだったり、チームがあるわけですが、そこにもA級隊員、B級隊員、C級隊員だったりと階層があるところも面白い要素の一つです。

 

物語

最初の方こそ、世界観を伝えるためにチュートリアル的に話は進んでいきますが、ネイバーの一つである軍事大国「アフトクラトル」による「大規模侵攻」はスピード感があって、かなり面白いです。

 

自分で発掘した漫画だからこそ、思い入れがありますが、作者体調不良により休載しているのが、残念。今後も期待してます。

 

0:35

 

 

 

 

去年の自分

去年の今頃のブログを読んで見たが、仕事は暇なはずなのに、何にも変わってねー。ということがショック。よくもまぁ、同じようなことを1年書き綴って来たもんだな。君の頭の中は負のループで満載だ。何もしたくないというのは今と一緒ながらも、流石に暇があるのか、目標を立てて前に進もうという気概は見える。人はなかなか変わらないものだ。もっと前から色々綴っとけば、心の変容が見られたのになぁ。でも結局、今と変わらないんだろうな。

ちなみに子供は起きてこなかった。

22:26

今日は定時で帰らされる。ありがたい。が仕事は終わらない。最寄駅に着いたのが21:00。さて、このまま家に帰ろうか悩む。フラリーマンである。最近、下の子が全然寝ない。22:00頃家に帰っても起きているのだ。申し訳ないことに僕は1人でゆっくりしたいのに、子供がパパと寝ると言って聞かない。そのまま寝ちゃってもいいんだけど、ストレスで眠れないのだ。こんな仕事ってなんなんだろ。と毎回思いながら、ぼくは家に帰らずにファミレスで軽く食事をしてしまった。結局家に着くのは22:00頃で子供が起きてくるんじゃないんだろうかと思いながら、自分でも家に帰って何がしたいのかわからない。サウナに行く気力もない。映画を見たいわけでもない。テレビを見たいわけでもない。もう何もしたくない。仕事が終わらないから明日は仕事しようと思って憂鬱になる。定時に帰って何をしているのだ。完全におかしくなっている。ゴールデンウィークも金沢あたりにも行きたいし、キャンプにも行きたいなーなんて思いつつ、なにもしていない。去年のゴールデンウィーク九死に一生を得るようなあんな、大事故を家族で経験したもんで、皆、車で遠出はしたくないようだ。ぼくはもう廃人のようだ。なんのために仕事をして、なんのために生きているのかわからなくなった。ついにバランスを崩したらしい。何もしたくない。何もしないことすらしたくない。そろそろ家に着くが、最高の夜である金曜日の夜にこの精神状態じゃ先が思いやられる。あぁ、玄関に着いた。

21:53

 

やる気を出すただ1つの方法

やる気を出す◯つの方法みたいな話がありますが、僕が思うのは、「何もしない」ということにつきるのかなと思う。しかし、これがなかなか出来ない。日常生活でこれをするのは至難の技である。ではどうするのか。僕はその方法を知らない。例えばたまの休日、丸一日何もしないようにするとか。スマホも見ない。本当に何もしない。これはやったことないなー。

17:34

男性用のトイレで100%の確率で便器からオシッコがはみ出てるけど、意味わからん。なぜ、おさまらないんだろう。

12:45

後任者がすでにパンクしそうで、悲鳴をあげている。助けてあげたいけど、僕もパンクしてしまう。結局、自分もやられたことをそのままやっている。

とりあえず、今でもパンクしそうなので、この件が片付いたら考えようと思う。これって僕が悩むことじゃなく、管理職がしっかりやってくれよと思う。能力は一朝一夕じゃ伸びないんだから、ましてや30代後半とから40代では伸びないんだから能力に応じた人員配置してくれよと思う。休日出勤、残業当たり前で計算するなんて、昔は良かったかもしれないけど、今はダメでしょ。

我が部署が最も残業が多いということで、四月から残業が一段と引き締められた。定時ぴったりに帰っても19:45着である。昨年までは18:00には家に帰れたのに。今日は急な仕事が入り、1時間の残業である。仕事が楽しくない。原因は対人関係であるが、これは時間が解決してくれるだろうか。よく言われていることだが、人生の大半は仕事に時間を費やすので苦しんで仕事はしたくないものだ。昨年度までの担当から外れたものの、忙しいことに変わりはないようだ。半年に及ぶ愚痴の嵐だが、なかなか終わらない。考え方を切り替える必要があるようだ。しかし、怒られることにめっぽう弱いくせして、わざと怒られている節のあるドMな僕は、未だにビクビクしながら仕事をしている。彼は相当な実力者なのに、もう少しうまいマネジメントをしてくれないものか。まあ、人に求めたところで変わらないか。文章も支離滅裂になってきている。明日のために今日は早めに寝よう。