悲しいほどに受動的な男

僕です。できることならひっそりと生きていきたい。以前、そのような記事を書きました。いろんなことに興味かあり、能動的な方が良いのではないかというのは世間一般でも言われていることですし、頭ではわかっているのです。ただ、DNAレベルで受動的なぼくは能動的に生きると無理が生じて何らかの支障が出るわけです。ひっそりと暮らしてもいいじゃない。日々、この葛藤に揺れているわけです。

僕も積極的に仕事はこなしたいですし、社交的に飲みにも行きたいという思いは少なからずあります。20代の頃はもう、ガツガツしてましたよ。でもやはり無理は良くないんですよ。疲れちゃったんですよ。death yo!しかし、人生は下りのエスカレーターを上っているようなものですから、そのままでは落ちていってしまいますし、それなりでは現状維持。やっぱりちょっと無理しないといけないのでしょうか。あぁ、ちょっとだけ無理すれば良いんですね。身の丈にあった無理。方向性を合わせたちょっとした無理。ガムシャラでもガツガツしてても、方向性間違うと大変ですからね。そろ〜と照準を定めてちょっとだけ無理で行きましょうかね。ちゃっとだけね。頑張りすぎはダメですよ。

何だか20代の頃に無理し過ぎてやられちゃったのでしょうか。

疲れました。

あぁ、昨日、スプラトゥーン2やり過ぎたからか。