現実と非現実

学校の成績には無頓着なのに、スプラトゥーンのランクが下がったと泣きじゃくる息子。嫌な気分になります。

小学生の間では学校の成績が良いよりもスプラトゥーンうまい方がヒーローなのでしょう。

わかる気もしますが、泣きじゃくるのはどうかと思うよ。取り返しがつかつかないわけじゃないのに。何回でもやればいいじゃないか。

学校の成績が悪いと泣きじゃくるのであれば悪い気がしない。

この違いはなんでしょうか。

プロゲーマーというのも存在する昨今、どちらも現実なのでしょう。

そう捉えることにしましょう。

悔しがることはよいことだ。

ということで自分の気持ちを落ち着かせます。