先のことを考えよう。

さすがに人生40年近く生きていると、自分は特別な存在ではなく、あっ、自分だけが特別な存在でないことがわかる。

 

まさか、自分がという目にも幾度となくあってきた。

 

事故、病気、失敗。

 

先のことは考えたくない。

何も考えずその日暮らしで生きていきたいタイプ。

現実はそうはいかない。

否が応でも、未来は現実へと迫ってくる。

 

速度も年々速くなる。

 

僕の周りには先のことをしっかり考えている人が多い。

そのおかげで、結局は先のことを考えている方が楽だということがわかる。

わかっちゃいるけどやめられないというのが人である。

 

だから軽く取り組んでいきたい。

 

慎重派といったら聞こえが良いが、生産性のないことを頭で何度もこねくってきたので、ホイホイ進めめたら進めたで不安になる。

 

朝礼昼改の昨今、それでもいいじゃないという気持ちで取り組んでいる。

不安になるし、ケアレスミスもある。

 

しかし、ジャンジャン進めていこうではないか。

 

その方が数段良いことも僕は知っている。