かさぶたのように乾くのを待ってからポイっとしてしまいたい親の心理について

先日、子供が借りて来た本を読んだのですが、悪い両親像について、題名の様な事が書いてあったんです。

 

あれこれ、子供に干渉する親、自分の子供だからと行って過大評てしまう親、それより悪いのは子供に無関心な親だとのことでした。

 

題名はこの子どもに無関心な親についての表現何ですが、かさぶたが乾くのを待つように、子供が独り立ちするのを待って、独り立ちしたらポイっという親だそうです。

 

これは表現の問題で、多くの家庭が、子供が独り立ちしたら自然とポイっという状態になるのでしょうが、この表現になんだかぼくはドキッとしたんです。

 

子供は可愛いんだけど、僕はほとんど育児が出来ていないので、妻には申し訳ないと思いつつ、ぼくはかさぶたが乾くのを待っているのだろうかと。

 

子供にも申し訳ないなと思いつつ。いつものマイナス思考の僕なのでした。