40年間生きてきて初めて小便をベルトを外してする。

これまで40年間、社会の窓(これは死語なのでしょうか)がついているズポンを履いている時の小便はその窓(チャックです)を開けて小便をしてきた。

 

これは前立腺肥大なのかよくわからないが、最近、モノが大きくなってきて、窓ではこと足らなくなってきた。

 

よく、ベルトまで外して小便をする人を見て、「わざわざベルトまで外して何だろ?」と思っていたのだが、やっとその理由がわかった。

 

確かにそれをしているのはオッサンばかりだ。

 

病気や事故もそうだけど、40年も生きているとまさか自分がということが最近よく起こる。

 

こうやって人は寛容になっていくのだろうか。