人の上に立つことが人生ではない

立身出世。くそくらへ。

表面上はそうしながらも、人には本能的に承認欲求があるわけで。

一昔前までは、良い大学。良い職場。良いの定義もなんとなくだが。そういったものが、価値観の主流にあり、僕もそういうものに流されて来た。

 

今はそういった価値観が形骸化して来てはいるものの、一昔前ですら、良い大学、良い職場に入ることも、入った後に何をするかが大事である。何のために、そこに行くのかが大事であるということは嫌という程、聞いてきて、自分もそのことはしっかり認識していると思っていた。

 

 

それが冒頭の「立身出世。くそくらへ。」である。まわりにも「僕は出世には興味はないんです。」なんて断言してきた。

 

でも、本当にそう思っていたのか。と言われれば嘘になる。

 

声には出さなかったものの、声では相反することを言っていても、心の奥ではそうは思っていなかった気がする。

それでいて、1番大事な何のために、何をするのかがなかった。

 

色々やってきたけど、僕は人の上に立つことは向いていない。

向いていないこともあるけど、もう努力ができない。

 

頑張らなくても生きていける。

そういう思いが最近は特に強い。