いつになく、何も感じない年始

とうとう、ここまで来てしまいました。

年始といえば、そう、1年の目標を立てる絶好の機会であります。

 

毎年、毎年、目標を立て、頑張って来ました。

側から見れば、それなりに幸せな生活を送っているのかもしれません。

 

しかし、僕の心は深く沈んでいるんです。

目標なんて、立てる気力もありません。

 

と、ここまで書いて気付いたのですが、今の仕事が辛い。その一点のみに気持ちが持っていかれているようです。

 

うむ、仕事が出来なくたって死ぬわけじゃないし、と考えたいところですが、なかなかそうはいかないものですね。

 

このブログを後から、あの時は大変だったなーと眺められるように、留めておくのです。

 

そういえば、受験の時もそんな気持ちになったものです。

 

なんとか気持ちを保ちつつ、時が過ぎ去るのを待つか。

 

そのままで、よい。気力もないまま、ぶら下がっていこう。

f:id:macsyouken:20180104221049p:image