「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」を読んで

ケリー・マクゴニガル著「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」を読んでいる。現在、ストレスに押し潰されそうな僕は藁をもすがる思いでポチったのだ。

 

 

 

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 

 

ストレスは健康に悪いのか? 

まず、飛び込んで来たのは、『「ストレスは健康に悪い」と思うと死亡リスクが高まる。』という言葉である。ムムッ、思い込みの話?著者はこれをマインドセットと呼んでいた。

悪いマインドセットの逆である良いマインドセットはこうだ、『ストレスは人を成長させ、健康で幸せにする』。

 

ストレスの捉え方

ストレスというものを媒介として2つの相反する考え方が存在するわけだ。そりゃ、良いマインドセットを選びたい。実際『総体的な繁栄度を評価した場合 、もっとも幸福な人たちは 、ストレスのない人たちではありませんでした 。

 

もっとも幸福な人たちは 、大きなストレスを感じていながらも 、精神的に落ち込んでいない人たちだった』とのこと。ふむ。僕はストレスにより、不幸を感じてるけど?これもマインドセットのせいなの?どうやらそのようである。

 

続く。